Japanese
English

コーポレイトミッション
「大豆は世界を救う」Soybeans Save the World

企業理念
環境負荷の低い植物性食品を促進する事により、​持続可能な地球を達成する

コンセプト

健康と地球と動物に優しい
次世代に繋ぐ
21世紀の新たな食を提供します

For my daughter,
for the next generation
娘のために、次世代のために

SOMENO’S TOFU sinse 1862

創業文久二年の豆腐屋の染野屋が
8年の歳月をかけて完成させた
100%植物性のお肉「SoMeat/ソミート」

​ 健康と地球と動物に優しい
21世紀の新たな食を提供します。
​ベジタリアン食 / ヴィーガン食対応の
新しい大豆ミートです。

ご挨拶

代表挨拶

我々染野屋は、江戸時代文久二年に、香取半次郎が茨城県取手市に創業した豆腐屋が起源です。
現在は国産大豆・天然にがりの無添加のこだわり豆腐を、120台の移動販売車にて直接お客様にお届けしております。

​江戸時代に生きた先人たちは、当時地球上でもっとも平和で自然と調和した豊かな循環型社会を運営していたと言われています。

​現在地球環境が著しい危機にある中で、江戸時代を起源とする我々が次世代の為に出来る事は、先人たちが築き上げてきた地球との調和型の発想から生まれた植物性食品の数々を、現代の人々の好みにいかに転化でき、いかに地球を持続可能なものに戻せるかであると考えています。

そもそも豆腐とは、チーズ(乳腐)の植物性代替食品、がんもどきは雁(がん)の練り物から、擬製豆腐は卵焼きの植物性代替と、先人たちがつくり上げてきた知恵にSoMeat(ソミート)の源流があります。

食文化をより豊かなものにしながら、環境負荷の低い食品を作り上げ、「食」の分野で持続可能な地球を達成する事が我々染野屋のミッションです。ひきつづきソミートシリーズのレベルアップとラインナップの充実を行っていきますので、よろしくお願い致します。

株式会社 染野屋
代表取締役社長兼CEO
八代目 染野屋半次郎/小野 篤人

会社情報
company

会社名 株式会社 染野屋
東京ヘッドオフィス 東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング 6F
本店 茨城県取手市東2-1-32
創業 江戸時代文久二年未明(1862年)
従業員数 111名
代表者 代表取締役社長兼CEO 八代目染野屋半次郎 小野篤人
フリーダイヤル 0120-537-226

Copyright ©2018 Someno's TOFU Co.,Ltd. All right reserved